img

生命保険を見直しする時に

生命保険を見直しする時に、重要な事は何でしょう。第一に、今自分が入っている保険についてちゃんとマッチしているのか確かめます。結婚や子供を産んだ時などの変化があった場合はそれに合わせて保険内容も変更していくのが良いのではないでしょうか。ライフステージが変わるごとに、より良い保障の中身も違うものです。さらに、年齢を重ねるごとに病気のリスクも高まります。その度、今の自分にマッチした内容かどうか確かめましょう。

保険金の種類の内、税金が課せられる保険と課せられない保険が存在します。会社員ですと税金を払っている感覚が無くなるのですが一回確認をしましょう。はじめに、原則的には被保険者が受領者となり治療に使われる入院給付金、通院給付金などは税金がかかりません。一方で、税金がかかる保険は、死亡保険金、養老保険、学資保険の満期金などです。そういったものは、それぞれ受取方によりどういった税金を支払うのか違います。税金の種類によって支払額も変わるので損をしないためにもしっかり確認しておきましょう。

保険金の受取人が違うと、かかる税金が大きく違います。とりわけ、死亡保険の場合、契約者、被保険者、受取人の関係によって死亡保険金にかかる税金が、相続税、贈与税、所得税のどれかというように違うのです。当たり前ですが税額も違います。契約する時にしっかり契約形態を細かく見る事がもしもの際に残された家族を困らせないやり方です。基本的に所得税、贈与税が高額のため相続税になるように申し込みましょう。

imgいざという時に重宝するのが保険です。日本は災害も頻繁にあり現在は問題が無くてもいつ台風や地震に直面するかわかりません。こういったいざというときに準備しておくものが保険です。病気にもいつ何時なってしまうか予測出来ません。ですから、自分自身や家族の加入している保険をチェックし、欠かせない保障が入っているかどうかチェックすることが肝心です。各種保険に申し込んでいても個々の生活の変化により必要な保険は違ってきます。

更新履歴

2013.12.5
»サイトをアップしました。
2013.12.18
»ページを追加しました。